フリマアプリで売れるアイテム

フリマアプリで売れるのはどんなアイテム?

フリマアプリ 売れる

フリマアプリでいらない洋服や着ない古着などを簡単に売るのに、20代、30代では不要なものを処分するのにフリマアプリを利用する人がヤフオクなどネトオクを利用する人よりも多いそうです。

 

フリマアプリの場合は、いらない服などを売りたい人が価格を決めることができるということである程度希望する価格で売買が可能ということと操作がスマホで簡単にできてしまうということで人気です。

 

そんなフリマアプリで売れる商品というのはどんなものなのか?ある調査では、子供服や子供用品が一番売れているそうです。
確かに、子供服の場合はすぐにサイズが合わなくなって着れなくなるけど、そんなに回数も着ていないので捨てるのももったいない!ってことがよくありますからね。
他には、セーターやカーディガン、スカートなどがよく売れるみたいです。

 

よく売れる、子供服やセーター、カーディガンなどは、買う側も使い捨てくらいの感覚かもしれませんが、良いモノを長くというよりも、トレンドの服をそのシーズンだけ着れればいい!というケースも多いみたいです。

 

人気フリマアプリ

フリマアプリは、やはりスマホなどを使い慣れている20代、30代の利用者が突出して多いみたいです。フリマアプリもいろいろなサービスがあるのですが、中でも人気なのが、“メルカリ”、“フリル”、楽天の“ラクマ”。
この3つのフリマアプリの中でもダントツ人気フリマアプリが“メルカリ”

 

 

CMなどの影響もあるのでしょうけど、人気フリマアプリとしてメルカリは圧倒的利用者が多いみたいです。
確か、メルカリは、手数料が無料!っていうのも人気の理由かもしれませんね。

 

メルカリは、アプリを起動してその中にあるカメラで売りたいモノの写真を撮るだけで気軽に出品することが出来ちゃう気楽さがうけているようです。また、売買の代金は事務局に一旦支払われて、売り手と買い手が評価してからお金が振り込まれるので商品を送ったけどお金が振り込まれない!といったトラブルも避けられるのも利用者が多い理由みたいです。

 

フリマアプリ 売れる